刺繍を取りたいときのはがし方

自分好みの刺繍を服やグッズに入れたのはいいけれど、さらに良いデザインを思いついたので、今ある部分をはがして新しく刺繍を入れたいということはよくあります。

 

はさみやカミソリで一本一本糸を切っていけば取れそうな気がしますが、
人の手ではなく機械で刺繍されている部分は非常に精密で固いために、
専用の道具で慎重に作業しないと本体の部分に穴を開けて台無しにしてしまう恐れがあります。

 

そこで、本体を痛めないはがし方として、リッパーという縫った糸目をほどく専門の道具を使うことをおすすめします。

 

100円ショップの手芸コーナーで簡単に手に入り使い方も簡単です。

 

先端が二股になっていて根元に刃がついているので、はがしたい部分に差し込み刺繍糸を切っていきます。

 

切り終わったら、糸を毛抜きなどでそっと外していきます。

 

抜けないからといって乱暴に引っ張ると本体を痛めてしまうので注意しましょう。

 

全て刺繍をはがし終わったら本体には小さな針のあとが無数に残りますが、スチームアイロンを丁寧にかけるとほとんど目立たなくなります。

 

刺繍を取りたい際は焦らずに作業しましょう。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp