紙刺繍で手紙を特別なものに

手芸やDIY好きな人達から注目を集めている紙刺繍をご存知ですか?
紙刺繍とは、布ではなく紙を使って、ポストカードなどに刺繍をする事を指します。

紙は布よりも扱いやすく、特別な道具もいらないため気軽に始められますよ。

 

紙刺繍は、海外では数十年前からポピュラーな習慣で、布に刺繍をするのとは違ったテイストになることから、バースデーカードやクリスマスカードによく用いられています。

紙刺繍の方法はとても簡単で、鉛筆で下書きをして、下書きに沿って穴をあけて、糸を通すだけです。

 

裏側は玉止めをしなくても、テープで止めることができます。

手芸が苦手な人やお裁縫が初めてのお子様にも、紙刺繍は比較的簡単に作ることが出来るでしょう。

 

手書きで下書きを書くのが難しい人や、複雑なデザインを作成したい人はプリンターで印刷してしまえばOKです。

コツさえつかめば布より簡単にできて、幅広いアレンジが楽しめます。

 

最近では、紙刺繍専門の作家も登場してきているため、ますます人気が加速していくでしょう。

一針一針心を込めて糸を通していく刺繍は、大切な人への贈り物に最適です。

少しの工夫で手紙やカードを特別なものにしてみませんか?

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

http://shisyuya.jp