普通の帽子に飽きたら、帽子に自分専用の立体刺繍を入れてみよう

いつも使っている帽子に立体刺繍を入れると、世界で一つの自分専用の帽子になります。

立体刺繍は、刺繍の中に詰め物をしたりワイヤーを入れて浮かせるなどして立体感が出るようにしたものです。

 

最近は、様々なデザインが掲載された作り方の本が出ているので、自分でも簡単に作ることができます。ワンポイントあるだけでも印象は大きく変わりますよ。

手軽にできるデザインだと、ハートや花などベーシックなデザインです。小さめなものなら数分でできますし、色を変えたり数個並べるなど自分の好きなようにアレンジしたデザインを作ることができます。花は花びらにワイヤーを入れて形を変えたり、本物ののような開き方にするとリアリティーが出て高級感が感じられます。

 

カバンや洋服、動物などポップなデザインを入れると可愛さが増します。女の子の子供用の帽子にも良さそうです。男の子なら野球やバスケット、サッカーなどのボールが簡単です。絵柄と一緒に名前も入れると分かりやすくて便利です。

 

デザインは直接生地に入れても良いですし、作った刺繍を縫い付けるようにして付けることもできます。安全ピンにつけておけば付け外しが簡単なので、気分によってデザインを変えてみるのも楽しいです。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp