刺繍でプラスアルファ 紙編

刺繍といえば布を意識しますが、紙にも刺繍できるようになっています。

必要なものは糸と紙と針だけで、メッセージカードやノートの表紙に刺繍して一工夫するだけで、オシャレで可愛いカードやノートなどを作ることができます。

 

やり方も簡単で、まず刺繍したい紙を用意します。その紙に鉛筆で薄く下絵を描きます。

下絵を描き終わったら、針でなるべく等間隔に穴を開けます。紙の下にはスポンジを引くとやりやすくなります。

 

針で穴を開け終わったら鉛筆で描いた下絵を消しゴムで消し、好きな色の糸を開けた穴に通します。

全て通し終わったら紙刺繍の完成です。

 

縫い始めの部分は玉結びで止めても、マスキングテープで止めるだけでも大丈夫です。

糸が簡単に抜けることはあまりないですが、心配な場合には玉結びをした後に、全体にマスキングテープを貼って補強するのも良いとされています。

 

糸の本数や色の組み合わせ、ステッチの方法を変えることによって、様々な紙刺繍を行うことができます。

消しゴムハンコやフェルトと組み合わせるなどをすると色々な雰囲気を楽しめるのも魅力です。

書籍なども出ているため、興味がある人は読んでみることによって色々なアイディアに出会うことができます。

 

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp