球児になり立ての子どものユニフォームに刺繍を入れた方がいい理由

「新しく野球を始めて、ユニフォームを購入するけど、自分の名前の刺繍って必要なの?」

このような疑問をお持ちの両親は多いのではないでしょうか?

今回は球児なり立てのお子様がいらっしゃる方に、ユニフォームには刺繍を入れた方がいい理由についてお話します。

 

◇モチベーションアップ

ユニフォームやグローブ、スパイクでも同じですが、ふとした時に自分の名前が刺繍されているのを目にすると、頑張ろうという気持ちになります。何もないみんなと一緒のユニフォームで練習するよりも特別感のある刺繍入りのユニフォームで練習する方が上達する気がしませんか?

 

◇紛失・混同を避ける

野球チームはご存知の通り、チームメイトみんなが同じようなユニフォームを着て練習します。

そのため、刺繍がなくて見分けがつかないと、疲れた練習後の着替えの際に自分のユニフォームを誰かが間違えて持って帰ってしまい、探すのが一苦労といった事態になることを防げます。

 

◇道具を大切にする精神

野球が上手な人に道具を大切にしない人はいません。プロ野球選手を見ても一目瞭然ですが、みんな道具は大切にしています。

刺繍を施すことで愛着がわき、道具を大切にする精神がすぐに身につきます。

 

いかがでしたか?

刺しゅうを施すことでメリットがたくさんあることがお分かりいただけましたか?

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

http://shisyuya.jp