おしゃれをもっと楽しむ! 刺繍デザインのアイロン接着ワッペンの付け方

こんにちは。有限会社林ネーム刺繍店です。

みなさんは刺繍ワッペンを自分で付けたことはありますか?

本来、ワッペンは制服や所属するクラブなどを示したり、仲間の士気をあげるために用いられます。

 

しかし、最近では個人的に服や装飾品に貼付けたり縫い付けたりして、おしゃれのポイントとして楽しむこともあります。

そこで今回は簡単に刺繍を施したワッペンを付ける方法を、簡単ではありますがご紹介していきます。

 

ワッペンの付け方
まずはアイロン、アイロン接着剤ワッペン、ワッペンを付ける服、当て布を用意しましょう。
そして次にワッペンの位置を決め、ボディの生地がアイロンに対応しているかどうか、確認しましょう。

 

そして次に、ワッペンがズレないように、ワッペンの上に別の生地(ハンカチや木綿のタオル)を敷いた上からアイロンをあてがいます。

 

上から体重をかけ押し付けるように力を加え、120℃前後で10秒ほどそのままにしましょう。
アイロンを生地から離し5分ほど冷まします。

 

冷めたらワッペンが端まで付いているか確認し大丈夫であればOKです。
その後、素材を裏返し裏からアイロンを当て、仕上げます。これで完成です。

ぜひ参考にして、刺繍などのあしらわれた綺麗なワッペンを付けてみてください。

 

刺繍、ワッペンなら大阪の刺繍屋.JPへ!

http://shisyuya.jp