初心者必見!自分で刺繍を作る時に必要なもの

「趣味として刺繍をはじめたい、、」
「身の回りのものに自分で刺繍を入れたい」
と感じられましたら、まずは刺繍に必要なものを取り揃えることから始めますよね。
この記事では、刺繍に欠かせない用品を1つ1つご紹介していきます。

 

□刺繍に必要なもの

*刺繍糸

当たり前ではありますが刺繍糸は必ず必要です。
ミシン糸や手縫い糸など糸には様々な種類があるので混同しないように注意してください。
ミシン糸で刺繍をするといった代用の仕方もありますが、刺繍専用の糸が市販で売っているのでそちらを購入することをおすすめします。
色や太さ、手触りの違う刺繍糸が豊富に揃っているので、自分の好みの合うものを選択してください。

 

*刺繍針

刺繍針も刺繍をする際の必需品です。
違う太さの刺繍糸を使う可能性もあるので、対応できるように数本の針を一式で購入することをおすすめします。

 

*刺繍枠

初心者の方はご存知ないかもしれません。
刺繍枠は円形の留め具が付いた枠で、留め具を調節することで生地がピンと張ります。
生地が動いてしまうと正しい場所に針を通すのが困難になります。
「ストレスを無くしたい」「楽に刺繍をしたい」という方はぜひ刺繍枠を使ってください。

 

*図案

図案は自分で刺繍をする時に参考にするテンプレートのようなものです。
例えば「ハートの刺繍を作りたい」と思えば図案を参考にしてみると良いでしょう。
図案が欲しい場合、一つの方法として書籍の購入があります。

 

書籍には詳しいステッチの縫い方まで書かれているものもあるので購入することをおすすめします。
ただし書籍を買わなくてもインターネット上にたくさんの図案が転がっています。
無料でダウンロードできるものもあるので、利用してみてはいかがでしょうか?

 

*下地シート

衣服やクッションにデザインを直で下書きしようと思っても、ガタガタして上手く書くことができないと思います。
下地シートを使えば、書いたイラストを下地シートに写し刺繍したい箇所に貼るだけで下書きが完了します。

 

*チャコペン

刺繍する場所に印をつけるためにチャコペンは欠かせません。
チャコペンは印付けが目的なので、普通のペンと違い簡単に落とすことができます。
水によって消えるもの、アイロンをかけると消えるものなど多種のチャコペンがあります。

 

□まとめ

刺繍に必要なものと1つ1つの刺繍用具の役割をご紹介しました。
しかし、刺繍とは奥が深いものです。
極めるためには大変な時間と労力がかかりますので、「複雑なデザインの刺繍をしたい」「ユニフォームに刺繍をしたい」など綺麗で完成度の高い刺繍をお求めの場合はプロに依頼する方が良いかもしれません。

 

プロに依頼することで、凝ったデザインの刺繍や様々な色使いの刺繍などを施してもらえます。
お店で刺繍をしてもらいたいとお思いの方は、ぜひ林ネーム刺繍にお問い合わせください。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp