野球ユニフォームに刺繍を入れて結束力を高めよう!

草野球チームや学校の野球部に所属している方に1つ提案がございます。
ユニフォームに刺繍を入れてみませんか?
プロ野球には各オリジナルのロゴがあります。
ただのマークに思えるかもしれませんが、チームオリジナルの要素があることで得られるメリットはたくさんあります。
今回は野球ユニフォームに刺繍を入れる利点を説明していきます。

 

□野球ユニフォームに刺繍を入れるメリット

*オリジナル感を出せる
世界に一つしかないオリジナルのユニフォームを作れば、チームの結束力が上がります。
その結果、チームが勝利に繋がる可能性も高まることでしょう。
オリジナル感を出すために刺繍は有効です。
チーム名を刺繍で入れることで、サイズや色、字体を細かく指定でき他のチームと被らないようなデザインにすることが可能です。
刺繍ならばチームのロゴも多彩な色や細かなデザインで表現できます。

 

*周りの人に覚えてもらえる
プロ野球では、阪神と言ったら虎のマーク、西武と言ったらライオンのマーク、がすぐに頭に浮かびますよね?
チームのロゴがあるだけで人間の記憶に残りやすくなります。
たくさんの人に自分の野球チームを覚えてもらえれば、モチベーションが上がり、応援する人と選手との一体感が生まれます。

 

*刺繍ならではの魅力

刺繍を施した部分は厚みが生まれるので、重厚感を持ったユニフォームに変わります。
手間がかかった刺繍入りのユニフォームを見ると、思わず高級なイメージを持つでしょう。
これらも刺繍を入れるメリットです。

 

□ユニフォームに関する注意

ここまで刺繍を入れるメリットについて説明してきましたが、ユニフォームに入れる刺繍デザインは何でも良い訳ではありません。
公認野球規則の中にユニフォームに関する規則があります。
これは草野球でも部活動でもプロ野球でも公式戦となれば適用されるものなので確認していきましょう。

 

*チームのメンバーが同じユニフォームを着用する

プロ野球を見ていると当たり前に感じるかもしれませんが、これにはしっかりと規則があります。
もし一人だけ他のメンバーと異なるユニフォームを着ていたら、試合に出ることができません。

 

*6インチ以上の背番号をつける必要がある

このように背番号に関しても指定があるのです。

例として上記のような規則を挙げました。
これらの規則を無視しないようご注意くださいね。

 

□最後に

野球ユニフォームに刺繍を入れるメリットについてお話ししました。
オリジナルのユニフォームを作れば、あなたのチームの結束力は高まります。
ユニフォームには多少の規則が存在しますが、自由度は高くオリジナルのユニフォームを作ることは可能です。
「刺繍を入れてみたい」と感じられましたらぜひ林ネーム刺繍にご相談ください。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp