プリントと刺繍は適材適所?

プリントと刺繍は適材適所が決まっています。

プリントのメリットは早く、安く作ることが出来るところです。

写真や画像通りのものを商品に印刷することが出来ます。

刺しゅうは、丈夫なので何度も洗うような衣類でも

利用することが可能です。

ひと針ひと針丁寧に行いますので、

デザイン通りの色になるように糸を選んで仕上げていきます。

プリントと違って、立体感を出すことも可能です。

それぞれ良い特性がありますが、

プリントのデメリットは洗ったり、使う回数をこなすことで

ひび割れや剥がれが生じることがあること。

年数を重ねることでプリントのインク同士が

くっついてしまったり、色が劣化することもあります。

刺しゅうは、使っていくうちに色が抜けて行ったり、

ボロボロになって行きますが千切れにくいことが特徴です。

どちらも良いことがあれば苦手なところもあります。

しかし、商品を特別なものにするために

刺繍もプリントも長く愛されて来ていて、

これからも続いていきそうです。