さがら立体3D刺繍の特長とは

スタジャンの胸や背中に付いてることが多い、

毛糸を使ったふわふわとした感触が特徴のさがら刺繍は、

模様がパイル状の糸に埋められたボリュームのある刺繍です。

手触りがふんわりしていて、

立体感がある仕上がりが特徴の、

高級感あるワッペンが出来上がります。

さがら刺繍はもともと、

着物などに使われる伝統技法のひとつで、

中国では漢の時代から、

日本でも奈良時代から見られる技法です。

糸を玉のように縫いこんでいくことため、

丈夫な刺繍として知られています。

現在では、文字や数字、イラストなど

いろいろな種類の刺繍を

機械でできるようになったことから、

小さい物から大きな物まで

幅広く作ることができるようになっています。

ユニフォームにつける数字や文字などを

注文する方が多く、厚みのある

ふっくらとした仕上がりが人気です。

値段はプリントなどと比べると高いですが、

仕上がりの高級感から選ばれる刺繍です。

 

刺繍オーダー、刺繍、ワッペンことなら大阪にあります「刺繍屋.jp」にお任せください。

http://www.shisyuya.jp/