刺繍をすることでどんな効果が得られるの?

着るものに模様を入れる方法は様々です。

 

生地の段階で織りやプリントをする場合もありますが、
出来上がった服に柄を入れるには、プリントか刺繍という事になります。

 

手間としては刺繍のほうがかかりますし、
比較的お値段も高くなりがちです。

 

プリントは自宅でもアイロンプリントなどで
手軽にできるようになっています。

 

しかし、こうした手間のかかった刺繍は
高級感を演出することにも繋がるのです。

 

プリントした柄は平面ですが、刺繍したものは厚みを持って
盛り上がり、立体感を生むことになるのです。

 

また、洗濯などにも強いのが特徴です。

 

プリントしたものは洗濯を重ね、時間が経つことでひび割れてきたり、
薄くなってきたりと元の美しさを失ってしまうことも多いですが、
刺繍ならそういったことはなく、
長く使い込んだものでも、綺麗な柄を長持ちさせやすいのです。

 

使うほど味が出るとも言えるでしょう。

 

こうした耐久性の高さから、装飾だけではなく
名入れなどにも向いています。

 

オーダー刺繍やワッペンなら
大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpにおまかせください。
http://www.shisyuya.jp/