中国刺繍と日本刺繍の違い

中国と日本には昔から伝わる伝統刺繍があります。

 

両方とも古い歴史があることで知られています。

 

絹糸を絹の布に両手を使って刺していくことで制作される日本刺繍は
色彩が柔らかいことが視覚的にも分かります。

 

中国刺繍は平糸を使いますが、
日本刺繍は撚りのかかっていない4本から12本の細い絹糸を束ね、
そこから撚りをかけたり、複数の色を組み合わせたりすることで、
色合いや光沢を出していきます。

 

中国刺繍の色彩は華やかです。

 

日本刺繍とは違った色彩感覚であることが一目で分かります。
日本刺繍よりもさらに極細の糸を使った刺繍が今も受け継がれています。

 

より細い糸を使い、糸を撚らないで平糸のまま
詳細な図案を刺していくのです。

 

広い中国には地域ごとに、昔から伝わる伝統刺繍が残っています。

 

中国から伝来した刺繍の技は日本で独自に発展していきました。

 

中国、日本両国ともに養蚕が盛んで、絹を作り出せたことも
刺繍の技が発展していくことに貢献しました。

 

オーダー刺繍やワッペンなら
大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpにおまかせください。
http://www.shisyuya.jp/