刺繍の種類ってどんなものがあるの?

刺繍の歴史は古く、それだけ種類も沢山あります。

 

 

ヨーロッパが発祥で色糸の組み合わせやステッチの使い方によって、繊細なものからラフな感じまで変化にとんだ多彩な作品が生まれます。

 

 

ステッチの名称は形から連想されてつけられたものと、そのステッチの生まれた国名や土地名にちなんで付けられたものがあります。

 

 

例えば、その中でも華やかなものでリボン刺繍があります。

 

 

18世紀から19世紀の西欧で、貴婦人のドレスに華麗なリボンで刺繍を施しました。

 

 

イタリアのボローニャで始った後、1517年にフランスのリヨンの南西サンデチエンヌに中心が移り、以後沢山の模様が生まれだされました。

 

 

ステッチの針運びは糸の時と同じですが、リボンの幅があるので少し引き加減に刺します。

 

 

スモック刺繍はスモックとも呼ばれ、17世紀ごろ直線裁ちにした衣類の余分な布をしわ付けして、身に纏っていた婦人用肌着に施されていました。

 

 

それが装飾的になり、北欧や東欧では民族衣装として現在も作られています。

 

 

スエーデン刺繍の特徴は、刺すのでなく布目を数えながら、すくっていく事です。

 

 

先の曲がったスエーデン針で織り目の下を潜らせて、階段のように上下することで模様を作ります。