プリントよりも刺繍にするメリット

小さい頃の持ち物に、名前のシールや刺繍が施されていた記憶はありませんか?
大人数の中で生活を行う際には、学年ごとや組ごとに色分けされることもありますが、自分のものである証拠を残しておかなければ紛失したり見分けがつかなくなったりします。

 

 

スポーツチームであれば、ユニフォームに名前が刺繍されていたり使用する道具に名前が入っていたりします。

プリント用シールを利用して好きなイラストや文字を印刷することで、衣類にもアイロンでシートを貼り付けることも可能です。

 

 

しかし、洗濯をしたり使用していくうちに擦れたりして、プリントのものは剥がれてしまったり汚れてしまったりします。

そこで注目したいのが刺繍です。

 

 

何度も針を行き来させることで、細かいデザインまで表現することが出来て思い通りの仕上がりになります。

 

 

糸も種類があり、単色の物からグラデーションになっているもの、高級感があるものであればラメ入りのものもあります。

 

 

刺繍にすると独特の質感があり、立体感が出ることで印象的なものになります。

色落ちもしにくいため、普段使いの布地の製品に刺繍を検討して見てはいかがでしょうか?

 

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp