刺繍って長持ちするの?

色とりどりの糸で自分の思い通りの図案が刺繍された服やグッズは、思い入れもひとしおです。

 

味気ない無地のユニフォームの胸元に会社名を入れるだけで、すぐに会社を象徴する存在に早変わりです。

 

丈夫で長持ちするように刺繍されていますが、何も気を遣わずに洗濯などの手入れをしてしまうと、せっかくの刺繍の良さを損なう恐れがあるので注意が必要です。

 

まず、できるだけ糸のほつれや色あせを防いできれいな刺繍を長持ちさせるためには、洗濯表示を確認します。

 

洗濯機がOKの素材ならば、裏返して洗濯ネットに入れて蛍光剤が入っていない洗剤を使用しましょう。

 

蛍光剤の入った洗剤を使用すると、繊維がけば立ってしまいせっかくの刺繍の光沢が失われてしまいます。

 

おしゃれ着洗いの洗剤を使えば安心です。

 

また、理想的なのは手洗いですが、時間がない場合は手洗いコース・ドライコースなど優しく洗うコースを選択して、脱水も極力短めにします。

 

洗濯表示で水洗いが不可の場合は、必ずクリーニングに出してプロに任せましょう。

 

無理に洗ってしまうと色あせや縮みなどを引き起こし風合いが台無しになってしまうので注意しましょう。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp