文字の刺繍をする時のコツ

刺繍をする作業というのは、慣れていないと

スムーズに行うことができないものです。

しかし、プロの技術が絶対に必要と言うわけではありません。

一般の人でも、コツさえ身につけることができれば、

魅力的な仕上がりになるものです。

多くの人が最初に取り組むものとしては、文字を入れるものです。

イラストを入れるのは、初心者には難しいものなので、

まずは画数の少ない文字から始めるのが適しています。

特に、氏名のイニシャルを入れるのが基本と言えるでしょう。


まず、自分が入れようとしている文字を紙に書いて、

きれいに切り取ります。

切り取ったものは、接着フェルトの接着面に載せ、

先端が尖った鉛筆のような筆記用具を使って、

薄くなぞっていきます。

ここで気をつけなければならないことは、

反対向きに載せるようにすることです。

そうしないと、作業が終わった時点で

反対向きになってしまいます。

フェルトをきれいに切り取って、

しっかりとアイロンで接着します。

そして、フェルトに沿って刺繍を行っていけば完了です。