スパンコール刺繍の洗濯方法

スパンコール刺繍が施された美しい衣装を洗う時は、
できるだけスパンコールの部分を傷めないよう
正しくお手入れすることが大切です。

 

スパンコールの美しさを保つためにも、
洗濯の際はドライクリーニングは避けましょう。

 

ドライクリーニングの溶剤で変質してしまったり、
硬化してしまうことがあります。

 

さらに乾燥機に入れた際に表面が剥がれ落ちたり、
変色してしまうこともあります。

 

洗濯機で洗う際は、裏返してネットに入れることがおすすめです。
この時も強く洗いすぎないよう、優しい洗い方を選びましょう。

 

そして洗濯が終ったら、すぐに干して乾かしますが、
アイロンで仕上げる際には、スパンコール部分に直接アイロンしてはいけません。

 

アイロンの熱でスパンコール部分が溶けてしまったり、
変形してしまうことがありますので、
直接アイロンを行うようなことは避けましょう。

 

間違ったお手入れは、せっかくの美しい刺繍を
台無しにしてしまいますので、優しく丁寧に扱いましょう。

 

オーダー刺繍やワッペンなら
大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpにおまかせください。
http://www.shisyuya.jp/