ワッペン専門店が解説!オシャレに見せる配置と注意点

「おしゃれなワッペンを子供の衣類につけてあげたい」
このようなご要望をお持ちではないでしょうか。
普段の服やカバンにワッペンをつけることで、オリジナリティーに溢れたおしゃれなものへと変わります。
そこで重要なのは、どんなデザインのものを気に入ってくれるかです。
子供が気に入るデザインを選ばなければ、子供はなかなか着たり、身につけたりしません。
また、配置の仕方によっても子供の好みが分かれます。
そこで今回は、おしゃれなワッペンのデザインや配置について解説します。

 

 

□子供が好きなデザイン

 

*人気のキャラクター

子供向けのワッペンを作る際の定番のデザインといえば、子供に人気のあるキャラクターです。
アンパンマンやドラえもんなどのアニメのキャラクターから、ディズニーのキャラクターまで様々な種類があります。
子供の好みに合わせて、おしゃれなワッペンを作ってあげることが重要です。

 

*動物

ペットがいる家庭では、動物のデザインにしてみてはいかがでしょうか。
ペットの写真をデザインにしてワッペンを作れるのでオススメです。
また、動物の可愛いイラストなどはインターネットから集められる場合が多いです。
さらに、普通の動物だけではなく、恐竜や空想の生き物などをデザインにしたワッペンも良いでしょう。
子供向けのデザインのため、細かい部分に注意するよりも、わかりやすいデザインにすることが重要です。

 

*乗り物

男の子の中には、飛行機や電車、車などが好きな子もいます。
乗り物のイラストやデザインもわかりやすく表すことが重要です。
また、丸みを帯びたデザインにすることで柔らかく優しい印象を与えられるので良いでしょう。

 

*花

女の子の中には、花が好きな子がいます。
実は、科学的に女性の方が男性よりも花を美しいと感じやすく、大人になっても花好きのままいられる可能性が高いです。
そのため花のデザインの場合、種類によっては子供が大きくなっても使えるオシャレなものを作ることができます。

 

 

□色

 

*色に注意する

実は、ある程度の年齢に成長するまでは、男の子も女の子も赤や青、黄色など明るい色を好む傾向があります。
逆に黒や茶色などの暗い色は好まれにくいです。
また、紫色もあまり好まれない傾向にあります。
黒などの暗い色は、夜や危ないものを連想されるために避ける傾向があるとされています。
さらに、紫はほとんど自然界に存在しないため、本能的に避けているとされています。
そのため、小さな子供につけるワッペンは赤や青などの明るい色を選ぶことが重要です。
小学生になると、男女で好きな色に差が出始めます。
男の子は、青や赤、緑といった濃い原色を好む傾向があります。
反対に女の子は、水色や桃色など淡く柔らかい色調を好む傾向があるので覚えておきましょう。

 

*単色だけにしない

子供は一つだけの色よりも多くの色がある方を好みます。
実際子供がよく食べるお菓子のパッケージは、明るい色が何種類か使われている傾向があります。
そのため、ワッペンにも何種類かの色を使うことで子供が気に入ってくれる可能性が高くなります。

 

 

□ワッペンの配置場所

 

*ズボン

子供は外で遊ぶことが多く、転ぶことも多いです。
そのため、ズボンの膝小僧の部分に穴が開きがちになります。
ズボンに穴が開かないようにするためには、膝小僧の部分にワッペンをつけるのがオススメです。
またズボンをおしゃれに見せるには、破れる可能性がある膝小僧ではなく、ベルト部分の下側に配置することをオススメします。
この部分には、子供がお気に入りのワッペンを使うと良いでしょう。

 

*服

上の服はズボンと比べ穴が開く可能性が低いので、好きな場所にお気に入りのワッペンをつけやすいです。
定番の位置としては胸元です。
胸の位置にあるワッペンは、離れた場所からでも見えやすいです。
好きな場所にワッペンを配置することができますが、服をたたむ際に邪魔になる場所につけた場合、服にシワが出来やすくなります。
そのため、たたむ際に邪魔にならない場所に配置することが重要です。

 

*カバン

カバンにワッペンをつける際の配置は、カバンの真ん中や下側に配置される傾向があります。
これらの位置は目立つ場所であるため、配置することで、オリジナルのワッペンを多くの人に見せることが出来ます。

 

 

□まとめ

 

今回は、おしゃれなワッペンのデザインや配置について解説しました。
まずワッペンのデザインは、子供の好みによって異なりますが、人気のキャラクターや動物、乗り物、花を選ぶことが無難と言えます。
デザインを自分で作る際は、できるだけわかりやすく書くことが重要です。
また、暗めの色は使わず明るい色を使うことも重要です。
ワッペンは目立つ場所に配置することをおすすめします。
そして、ズボンなど穴が開きやすいものはあらかじめワッペンで穴が開きにくいように補強することが大切です。
是非この記事を参考にしておしゃれなワッペンを子供の衣服などにつけてみてはいかがでしょうか。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp