刺繍の取り方にお悩みのそこのあなた!刺繍のプロから解説します

「刺繍をしていたら失敗したので、一度刺繍をほどいてやり直したいけど上手な取り方が分からない」
「刺繍をほどいた後は、どのようにしたらいいのか方法を具体的に知りたい」
このようにお考えの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
刺繍と言っても、中には装飾の刺繍もあれば、名前を刺繍したものまでたくさん種類があります。
しかし、どちらの刺繍をほどくのも、簡単に見えて難しいのが実際のところでしょう。
刺繍は繊細なつくりをしているのが、難しいと感じてしまう要因です。
実際、刺繍をほどくのに苦労したことがある方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
例えば、力任せにほどいてしまうと布地が傷ついてしまい、あるいは、ほどく予定がなかった刺繍の部分までほどいてしまうことがあります。
しかし、上手な取り方さえ知っておけば、いとも簡単にほどけることはご存知でしょうか?
そこで今回は、「刺繍の上手な取り方と、取った後どうしたら良いのか」について、当社から詳しくご紹介します。

 

□刺繍の取り方ってどうやるの?

 

刺繍を一部だけ取ってやり直したいときってありませんか?
また、形や色合いは気に入っているけど刺繍のロゴが気に入らないため、刺繍全体を取り除きたいときってありませんか?
刺繍の取り方さえ知っていれば、よりお気に入りのアイテムにアレンジするために役立ちますよ。
以下、具体的な刺繍の取り方の紹介です。

 

*一般的な取り方

 

まずきれいな縫い目が見える表側を裏返してください。
そして、裏側から刺繍の糸を少しずつ慎重に切っていきます。
その次に、表側を上にひっくり返し、さきほど裏側から切っておいた糸が浮いてきていると思うので、その浮いた表の糸を取って緩めていきます。
それでも万が一、糸が取れない場合は、決して無理に引きちぎらずに、もう一度裏側の糸を切ってみてください。
地道な作業にはなりますが、これを何度も繰り返して行うことで、きれいにほどけるでしょう。
最後の仕上げのひと手間として、両側(裏側と表側)からアイロンを当てると完成です。
しかし、ナイロンをはじめとする熱に弱い布地の場合には、少し注意が必要なことを忘れてはいけません。熱に弱い布地だと、アイロンの熱で変色してしまうことがあるので、十分に注意してくださいね。
さて、刺繍を上手にほどけるイメージは浮かびましたか?
これであなたも刺繍の取り方をマスターできますよ。

 

*簡単な取り方

 

しかし、手先が不器用でこの方法では刺繍をほどくのが心配…
このようにお思いの方もまだいらっしゃることでしょう。
そんなご自身を不器用だと思っている方でもご安心ください。
ここでは、もっと簡単でお手軽に刺繍をほどく方法をご紹介します。
方法としては、「リッパー」を使います。
リッパーは100円均一や手芸屋に売っています。
このリッパーを使って、まずは裏側の刺繍糸を切っていきます。
リッパーの特徴が理由で、ハサミを使って切るよりはリッパーを使う方がよりオススメです。
そのリッパーの特徴とは、リッパーの刃先が「J」の字のようになっている点です。
そして、同様に裏側の糸を切った後は、表に裏返して同じ作業を行います。
ここでポイントなのが、切った糸を「毛抜き」を使って、丁寧に糸を抜いていくことです。
どうしても指で糸を抜こうとすると、上手に抜きたい糸のみを抜くことは難しいため、毛抜きは細かい作業に向いているでしょう。
ただし、刺繍は何度も布地を往復して塗っていて糸目が細かく複雑なため、布地自体もダメージを受けていることは忘れてはいけません。
そのため、一箇所の刺繍部分だけをほどく作業は、いくらこの簡単な方法を使ってほどくとしても、丁寧に集中しないと失敗してしまうでしょう。

 

□刺繍糸を取った後はどうしたら良いのか?

 

刺繍を取ることに成功したとしても、やはり高い確率で布地自体はダメージを受けているでしょう。
ダメージを受けた布地を使って、そのまま刺繍を続けることは難しい場合もあります。
そのため、その後の布地や刺繍については、まずは一度刺繍のプロである当社にご相談くださいませ。
ご希望に沿って、お客様に合ったさまざまな方法を提案させていただきます。

 

□まとめ

 

以上、「刺繍の上手な取り方と、取った後どうしたら良いのか」について詳しくご紹介しました。
特に、刺繍の一部をやり直したいときに使える刺繍の取り方について知りたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
また刺繍以外にも、プリントやワッペンに詳しいスタッフが当社には多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、大阪にお住いの方はぜひお気軽に当社にお立ち寄りください。
営業時間が平日9:00〜17:00と限られていますので、まずは電話にてのお問い合わせをオススメしております。
営業時間外でも留守番電話にてお問い合わせを承っておりますので、ご安心ください。
みなさまの当社のご利用、心よりお待ちしております。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp