文字の刺繍でお困りの方へ!ステッチのやり方をご紹介します

 
「文字の刺繍にチャレンジしてみたいが、やり方が分からない…」
そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
いざ、文字の刺繍をしてみると、やり方が分からず、失敗してしまうことも多いでしょう。
そこで今回は、文字の刺繍でお困りの方へ、ステッチのやり方をご紹介します。
 
□文字の刺繍を始める前の準備とは?
 
文字の刺繍を始める前には、いくつか準備が必要になります。
例えば、刺繍本で指定されている番号の糸を揃えたり、刺繍図案を写したりという準備があるでしょう。
何事も準備が整っていないと、後から失敗したり、後悔したりする原因となってしまいますよね。
 
実は、この準備の段階で、「文字の下書き」と「刺繍糸の扱い方」で悩む方が多いです。
 
文字の下書きでは、刺繍図案を写す方法もありますが、直接布に文字を下書きしても大丈夫なのか悩まされます。
結論から申し上げますと、直接布に文字を下書きしても大丈夫です。
もし、刺繍本などで刺繍したい図案がある場合は、刺繍図案を布に移すことで完成後の刺繍がイメージに近いものになるでしょう。
 
しかし、文字の刺繍をラフな感じに仕上げたり、手書きの文字風にしたりしたい場合は、直接布に文字を下書きする方法をおすすめします。
つまり、文字の刺繍では、必ず刺繍図案を使わなければならないわけではありません。
実際に、直接布に文字を下書きすることで、文字の刺繍の幅は広がるでしょう。
 
もし、書き直したい場合は、一度水に浸しておくと、インクが消えるので何度でも書き直しが可能です。
 
そして、このような「文字の下書き」だけでなく、文字の刺繍を始める前の準備として「刺繍糸の扱い方」で悩まされる方もいらっしゃるでしょう。
なぜなら、刺繍糸は、縫い糸とは違い、扱い方が異なります。
 
一見、刺繍糸は1本の糸のようになっていますが、実際は、6本の糸が束になっているものです。
文字の刺繍の準備として、この刺繍糸をほぐして、2,3本取って針穴に通しておく必要があるでしょう。
刺繍糸をほぐすときは、まず60センチメートルほどにカットしてから、1本ずつ引き抜くと、絡まりにくく扱いやすくなるのでおすすめです。
 
□文字のステッチのやり方とは?
 
文字の刺繍を始める前の準備について詳しくなっていただいたところで、本題の文字のステッチのやり方をご紹介します。
まず、文字の刺繍は、大きく分けて「ライン」と「塗りつぶし」のステッチがあることを覚えておいてください。
それを踏まえて、次の3つの基本的なステッチを参考にしてみてください。
 
*バックステッチ(ライン)
 
バックステッチとは、名前の通り、一度後ろに戻してから前へ針を出して進んでいくステッチです。
文字の刺繍に初めてチャレンジする方は、バックステッチを使ったやり方がおすすめです。
また、手書き風のラフな感じの文字の刺繍をしたい方におすすめのステッチといえるでしょう。
 
しかし、滑らかな曲線の文字の刺繍にしたい場合は、不向きです。
コツは、一つ一つの幅を広く取りすぎることなく、できるだけ幅を揃えるようにすることです。
 
*アウトラインステッチ(ライン)
 
アウトラインステッチとは、先に刺したステッチの半目分ほど戻り、針目を重ねて線を表すステッチです。
滑らかな曲線の文字の刺繍にしたい方に、おすすめのステッチになります。
どうしても滑らかな曲線を描くには、ある程度慣れが必要になりますが、糸を丁寧に重ねて、方向を統一させることで綺麗な文字の刺繍にできるでしょう。
 
コツは、糸を強く引っ張りすぎないようにすることです。
 
*サテンステッチ(塗りつぶし)
 
サテンスイッチとは、文字を塗りつぶすステッチで、最初に刺した糸と平行に刺し進めていくやり方です。
このサテンスイッチは、アウトラインステッチでとった文字の枠組みの中を塗りつぶすときに使用することが多いでしょう。
刺繍したい文字の糸が全て平行になるようになって塗っていくことが綺麗な文字の刺繍にするためのコツの一つです。
 
一概に、文字の刺繍といっても、上記のような「ラインのステッチ」と「塗りつぶしのステッチ」を組み合わせることで様々な表現が可能です。
例えば、「ライン文字」の刺繍をしたい場合は、まず下書きをして、ラインに沿ってバックステッチかアウトラインステッチで塗っていくと良いでしょう。
また、「イニシャル文字」の刺繍をしたい場合は、同様に下書きし、アウトラインステッチで縁取りをします。
そして、サテンステッチで、面を塗りつぶしていくと完成です。
 
文字の刺繍に初めてチャレンジする方は、まずは基本となる「バックステッチ」「アウトラインステッチ」「サテンステッチ」をマスターしてみてくださいね。
 
□まとめ
 
文字の刺繍を始める際には、やはり準備が必要です。
特に、文字の刺繍に初めてチャレンジする方は、必要な道具だけでなく、刺繍糸の扱い方やステッチのやり方などの事前知識も準備の一つとなるでしょう。
ぜひ、文字の刺繍でお困りの方がいらっしゃいましたら、今回の記事を参考にしてみてください。

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

https://shisyuya.jp/