ワッペン素材の選び方!創造性を輝かせる素材を探検してみませんか

自分だけのオリジナルワッペンを作る際、最も悩むのが素材選びですよね。
素材が違うだけで、自分が作ったワッペンの見た目の雰囲気や印象が大きく変わってきます。
そこで今回は、ワッペンを作る際の素材選びや実際の選択肢について紹介します。
オリジナルワッペンを作りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

Contents

□ワッペンの素材選び!基本から知る3つの主要生地

ワッペンには様々な生地が利用されますが、主要な素材は以下の3種類です。

 

*ツイル生地

ツイル生地は、平らな表面と特徴的な斜めの織りスジ、若干の光沢があります。
細かい文字も表現しやすく、広く使われています。
特に、細かいデザインや文字が多いワッペンに適しており、さまざまなカラーバリエーションがあります。

 

*クロス生地

光沢感のあるクロス生地は、高級感を演出するのに適しています。
スポーツ関連のワッペン等、鮮やかな発色を求めるデザインにおすすめです。
特に、ユニフォームに使用される際に、チームのアイデンティティを際立たせるのに一役買います。

 

*フェルト生地

フェルト生地はやわらかく、起毛感のある質感が特徴です。
かわいいデザインや手作り感を出したいワッペンに適しています。
アップリケやぬいぐるみにも使用されるこの生地は、温かみのある印象を与えます。
また、光沢がなく柔らかな質感は、子供用のアイテムやカジュアルな衣類にもぴったり合います。

これらの素材の中から、自分にとって最も合うものを選びましょう。
もし素材選びに迷われる場合は、サンプル等を手に取ってみるのも1つの方法です。
実際に素材に触れることで、その質感や色合いを直接確認できます。

 

□色の選択がカギになる生地別ワッペンの事例をご紹介

ワッペンの魅力を最大限に引き出すためには、生地の色選びが非常に重要です。
色の選択によって、ワッペンの全体的なイメージが大きく変わります。
ここでは、生地の色がワッペンのデザインに与える影響と、生地別のワッペン事例を紹介します。

1:色選びの基本

ワッペンの基本的な色選びとしては、デザインに合わせやすい白やグレーなどの中間色を選ぶことが多いです。

しかし、デザインに対照的な色を選ぶことで、ワッペンが際立つ効果もあります。
例えば、黒いデザインには白い生地を、青いデザインには黄色い生地を選ぶことで、ワッペンはより目を引く存在になります。

2:生地別ワッペン事例

各生地を使用したワッペンの事例を以下で見ていきましょう。

・アーバンツイル生地

細かい文字が美しく表現でき、マットな質感が特徴です。
どんなデザインにも対応しやすいため、幅広い用途に使用できます。

・エンブロンクロス

光沢があり、高級感が際立ちます。
細かいデザインよりも、大きな文字やロゴに適しており、団体ロゴやスポーツチームのワッペンに好まれます。

・フェルト生地

柔らかい質感と温かみのある見た目が特徴です。
細かいデザインには不向きですが、手作り感やかわいらしさを表現するのに最適です。

・反射素材

光を反射する特性があり、大きな文字のデザインに適しています。
特に、夜間の作業服などに使用される場合、安全性の向上にも寄与します。

これらの生地の特性を把握し、デザインに合わせた適切な色と素材を選ぶことで、ワッペンの魅力を存分に引き出せます。
また、生地選びに迷った際は、デザインを邪魔しない色、またはデザインと対照的な色を選択すると良いでしょう。

 

□オリジナルワッペンの作り方の手順を解説

オリジナルワッペン作成のプロセスは、準備からデザイン、そして取り付けまでの3ステップに分かれています。
ここでは、それぞれのステップで考慮すべきポイントについて解説します。

1:準備

最初の段階では、ワッペンの素材や刺繍の種類を決めます。
ワッペンの用途や取り付けるアイテム、サイズなどを決定します。
ポロシャツやカバンにワッペンを付けることで、アイテムに個性を加え、愛着を持てます。
また、準備段階で重要なのは、ワッペン作りに対する期待とワクワク感を持つことです。

2:デザイン

準備が整ったら、ワッペンの具体的なデザインを考えます。
形、刺繍の種類、アイテムの配置などを考慮し、アイテムの色やワッペン素材の色、刺繍の色などを検討します。

また、デザイン案が固まったら、当社にお任せください。
専門の刺繍技術を持つ当社は、高い品質でワッペンを制作します。

3:取り付け

ワッペンが完成したら、最後にアイテムに取り付けます。
ズレたり、溶けたりするリスクを避けるため、当社では持ち込みアイテムにも対応可能です。

 

□まとめ

今回は、オリジナルワッペンの作り方について紹介しました。
ワッペンを制作する際は、まず素材選びにおいて自分に合ったものを選ぶ必要があります。
また、実際に制作する際は、各ステップでのポイントを押さえながら行いましょう。

もし、当社にお任せいただければ、スムーズに理想のワッペンを制作できます。
自分での制作に不安があるという方は、ぜひ当社にご相談ください。

 

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

 

刺繍の相談窓口