立体感のある、さがら刺繍って?

刺繍にはさまざまな種類があり、使用用途によってデザインを変えると便利です。

まず、さがら刺繍は、中国三大刺繍の一つで、生地の裏側から糸を抜き出して結び玉を作り、連ねて模様を描いていく技法を言います。

 

 

技術と時間が必要となりますが、とじ糸がないことで糸が引っかかることがありません。

衣服のワンポイントやワッペンとしてさがら刺繍が用いられることもあります。

 

 

パイル状に埋め込まれた刺繍を作ることが出来るため、仕上がったものはボリューム感があります。

ボリューム感のある刺繍だからこそ、手触りが良く立体感を出したデザインも作ることが出来ます。

 

 

さらに、さがら刺繍は、主にワッペンとして使われますが、ワッペンのデザインは文字やイラストといったように自由です。

縫い終えて完成したものは、さがらが潰れることが無いように洗濯を行ってもその部分にアイロンを掛けてはいけません。

 

 

折角のふわっとした手触りが無くなってしまうため、きれいにしたい時には針がたくさんついた専用のアイロン台を使用するようにしましょう。

 

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ
http://shisyuya.jp