プリントと刺繍を徹底比較!メリットとデメリットを紹介します。

「プリントと刺繍では具体的に、なにが違うのかを知りたい」
「それぞれのメリットとデメリットを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回はプリントと刺繍を比較すると、どのような違いがあるのかについて紹介していきます。

 

□プリントと刺繍の相違点とは

「プリントと刺繍の違いについて詳しく知りたい」
このように考えている方がいると思います。
プリントと刺繍を比較すると、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

1つ目に挙げられる相違点は、デザインの違いです。
プリントでデザインをする場合は、あらかじめ用意されているデータを用いることがほとんどなので、そのデータ通りのデザインを実現できます。
細かな部分であっても、自分が希望した色やデザインがしっかりと再現できます。

一方で刺繍の場合は、縫う方法の違いや縫う人の癖が影響する可能性が高いので、仕上がりのデザインにはばらつきがあるでしょう。

2つ目の相違点は、耐久性です。
刺繍の場合は糸でしっかりと縫い付けてデザインしていく作業のため、洗濯をしてもはがれる心配があまりなく、比較的耐久性が高いと言えるでしょう。
一方でプリントの場合は、洗濯を繰り返すうちに、だんだんとデザインがはがれてきてしまうことがあるため注意しましょう。

3つ目の相違点は、高級感です。
刺繍はさまざまな色や種類の糸を複雑に縫い合わせてデザインしていくので、洗練されたデザインを演出できます。

動物の絵などが刺繍されているジャケットを想像すると分かりやすいと思いますが、細かい部分まで手の込んだデザインが高級感を生み出しています。
糸によって立体感が出るのも、高級感を演出している1つの要因だと言えるでしょう。

プリントの場合は、用意したデータのデザインをそのまま再現できますが、平面にプリントするため刺繍のように立体的ではなく、高級感を演出するのは難しいです。

プリントと刺繍を比較すると、このような違いがあるのです。
これからはもう少し具体的に、2つの強みと弱みをそれぞれ紹介していきます。

 

□刺繍の強みと弱みについて

刺繍ならではの強みとしてまず挙げられるのは、先ほども少し紹介した通り、高級感のあるデザインです。
さらに、刺繍でデザインしたものは、使いはじめてから月日がたつごとに経年変化が現れるので、その変化によって生まれる味が、よりいっそう高級感を演出します。

特に、革製のジャケットに刺繍を入れている場合は、ジャケットの経年変化から出る味に刺繍の味がプラスされるので、長年使うからこそ味わえる経年変化の楽しみを体験できるでしょう。

他に挙げられる強みとしては、刺繍では再現できるデザインの幅が広いので、自分のイメージ通りにデザインできます。
すでに用意されているデザインを使う必要はないので、自分の意見をそのままデザインに反映させられるのは、刺繍ならではの強みではないでしょうか。

刺繍はこのようにたくさんの強みを持っていますが、同じように弱みも存在します。
まず挙げられる弱みの1つは、値段に関する問題です。

刺繍でデザインして商品を1つ作るのには、たくさんの時間と手間がかかります。
細かなデザインであればあるほどこのような手間や時間は増えていくため、刺繍でデザインするのはプリントに比べると、費用が高くなってしまうので注意しておきましょう。

さらに、複雑で細かいデザインになると、その分必要な糸の量が大きく変化するので、材料費もコストが増える原因の1つだと言えるでしょう。

他の弱みとしては、再現できるデザインに限界があることが挙げられます。
刺繍はプリントとは違い地道に縫っていく作業のため、どうしても細かな部分のデザインは再現が困難なことがあります。

このように刺繍にはたくさんの手間や時間が必要なことが、時にはメリットになり、時にはデメリットに変化することがあるので注意しましょう。

 

□プリントの強みと弱みについて

プリントの強みとしてまず挙げられるのは、簡単にデザインできることでしょう。
自分がプリントしたいデザインの素材を見つけてきて、それを見せればそのデザイン通りに再現できます。
プリントは刺繍に比べて、手間や時間がかからないのでその分のコストを抑えられます。

さらに大量生産をすれば、その分1つにかかる単価を下げられることがほとんどなので、より費用をかけずに利用できるのも、強みであると言えるでしょう。

他の強みとしては、既存のデザインでなく、自分自身でデザインした素材でも再現できることが挙げられます。
このように、プリントを利用すれば、自分だけのデザインを簡単に実現できるのです。

プリントの弱みについても確認しましょう。
プリントの弱みとしてまず挙げられるのは、耐久性の問題です。
洗濯を繰り返していくとプリントが剥がれ落ちてしまい、何のデザインなのか分からなくなる可能性があるので気をつけましょう。

また、プリントはすでに広く普及しているため、自分のオリジナリティーを演出するのが難しいことも弱みの1つです。
自分でデザインできますが、独創性を出すためには、それなりの知識やセンスが必要になるので注意が必要です。

 

□まとめ

今回はプリントと刺繍を比較すると、どのような違いがあるのかについて紹介しました。
この記事を参考にして、プリントと刺繍のそれぞれの特徴を区別できるようにしてください。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

 

刺繍の相談窓口