刺繍のデザインを検討している方へ!刺繍のメリットを徹底解説します!

「刺繍のデザインを検討している」
「刺繍を選ぶメリットを詳しく知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は刺繍のデザインを検討している方に向けて、刺繍のメリットについて解説します。

 

□刺繍の歴史について

今日、刺繍は衣服をはじめとして、さまざまな物に使われています。
そんな刺繍には、どのような歴史があるのでしょうか。

刺繍とは、針を使って布や編地にデザインをしていく手芸の1種類です。
このようにデザインしていく技法の起源は、古代エジプトの時代にあると言われています。
その後、ローマ時代には日常的に取り入れられるようになりました。

キリスト教の聖書の内容をテーマにした洋服にもたくさん使われていたことから、刺繍は大昔から広く用いられていた技法だと言えるでしょう。
刺繍はエジプト時代というはるか昔に誕生し、今日まで受け継がれてきている、長い歴史を持ったものなのです。

 

□刺繍を選ぶメリットとは

刺繍には、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。
まず、刺繍のメリットとして挙げられるのは、デザインに高級感を持たせられることです。
刺繍は針や糸を用いてデザインしていくので、プリントでは演出できないデザインを実現できます。

さらに、刺繍を用いると既存のデザインではなく、自分で自由にデザインできるため、作れる物の幅が広がります。
このように、自分で自由にデザインを決められることもまた、刺繍を選ぶメリットの1つだと言えるでしょう。

その他にも、刺繍を用いてデザインされたものは、使えば使うほど味が出てくるので、経年変化を楽しめるのも魅力の1つです。
ライダースジャケットのような革の衣服に刺繍でデザインを入れれば、革と刺繍の経年変化を同時に楽しめるのでおすすめです。

最近では洋服だけではなく、家具などにも刺繍を用いられるケースが増えてきているため、さまざまな用途で刺繍を活用できます。
自分で刺繍を使ってデザインすると、他の人と被らないオリジナリティのある物を作成できるので、他人との差別化を図る際にはうってつけの選択だと言えますね。

 

□刺繍とプリントのどちらを選ぶべきなのか

刺繍を使ったデザインを検討している方の多くは、刺繍とプリントのどちらを利用するのかについて、頭を悩ませている方が多いのではないでしょうか。
刺繍とプリントは一長一短であり、どちらを選ぶべきなのかは自分の持っているニーズによって異なります。
ここでは、刺繍を選ぶべき人の特徴と、プリントを選ぶべき人の特徴をそれぞれ紹介します。

 

*刺繡を選ぶべき人の特徴

まずは、刺繍を利用することをおすすめする人の特徴を紹介します。
先ほど紹介したように、刺繍にはデザインの自由度の高さや経年変化を楽しめるといったメリットがあります。
その一方で、糸を使ってデザインする場合は、使う色の種類に制限がするため注意が必要です。

また、刺繍をしてデザインする場合は、プリントとは異なり手間や時間がかかります。
そのため、費用が高くなることもありますが、ワンポイントの小さい刺繍や名前、イニシャルなどのネーム刺繍だと単価も安くできます。
刺繍には高級感があり、プリントにはない風合いを出すことができるのでおすすめです。
高級感のある刺繍を安価に取り入れられるのは嬉しいですよね。

 

*プリントを選ぶべき人の特徴

プリントをおすすめする人の特徴は、予算や時間をあまりかけずに、たくさん生産したいというニーズを持っている人です。
プリントの1番のメリットとして挙げられるのは、手間や時間がかからないのでコストを抑えられることでしょう。
プリントでデザインする際は、プリントに使う材料を用意してそれを渡せば、その材料をそのままデザインできます。

さらに刺繡のようにデザインするのに手間がかからないので、時間をかけずに簡単に物を作れます。
このような特徴があり、大量生産に向いていて、その分コストを抑えられるのが、プリントを選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

一方でデメリットとしては、何度か洗濯を繰り返しているとプリントがはがれ落ちてしまう可能性があることが挙げられます。
また、プリントの場合は刺繍とは違い、高級感を演出するのは難しいでしょう。
さらに、プリントを用いてのデザインは基本的に大量の注文が主流なので、少量の注文であれば、かえってコストが高くなってしまうこともあります。

これらのメリットとデメリットを考慮すると、大量の注文を検討していて、コストや手間を最小限に抑えたい方にとっては、プリントでのデザインをおすすめできると言えるでしょう。

 

□まとめ

今回は、刺繍を検討している方へ向けて、刺繍のメリットを紹介してきました。
この記事で紹介したように、自分のニーズによって刺繍を選ぶべきなのかプリントを選ぶべきなのかは変化するので、自分に合った方を選んでデザインできるようにしてください。
刺繍のデザインを検討中の方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

 

刺繍の相談窓口