ワッペンの生地や糸にはどんな種類がある?オリジナルワッペンをお考えの方必見です

「ワッペンを自分でデザインしてみたい」
「世界に1つだけのワッペンが欲しい」
このようにお考えの方には、オリジナルワッペンがおすすめです。
今回は、オリジナルワッペンを作りたいとお考えの方に向けて、生地や糸の種類をご紹介します。

 

□ワッペンってどういうもの?

ワッペンとは、衣類や帽子などにつける、模様を縫い付けた飾りです。
ほとんどの方が、1度は目にしたことがあるでしょう。

ワッペンはもともと、ドイツ語で「紋章」を意味する言葉です。
その由来は古く、甲冑をまとった中世ヨーロッパの兵士たちがお互いを区別するために、家紋などをシンボルとした布製の飾りを身につけたことが始まりだとされています。

このように、かつては自分の所属を表していたワッペンですが、今では帽子やスニーカー、Tシャツやトートバッグなどにアクセントとして縫い付けられるのが一般的ですね。
もちろん、所属を表すものとして、学校の制服やブレザーに校章がデザインされたワッペンが付けられていることもあります。

お子様がいらっしゃるご家庭では、お子様の持ち物を他のお友達のものと区別するために、目印としてワッペンを付けるという使い方もできますね。

オリジナルのワッペンを作れば、世界に一つだけのお気に入りのデザインのワッペンを目印として、さまざまなアイテムに付けられます。
目印としてもひと目見てすぐに分かるようになるため、オリジナルのワッペンは非常におすすめです。

自分だけのデザインで、個性的なワッペンが欲しいという方は、オリジナルワッペンを作ってみてはいかがでしょうか。

 

□ワッペンの生地にはどんな種類がある?

さまざまな使い方ができるワッペンですが、その生地にもさまざまな種類があります。
ここでは、ワッペンに使用される生地を3つご紹介します。

まず1つ目は、エンブクロス素材です。

エンブクロス素材は、独特な光沢と高級感が特徴的な素材です。
見た目や肌触りも良く、畳縫いのような仕上がりになります。
ワッペンや刺繍の他にも、アップリケでもよく使用される素材です。

ワッペンの素材としては最もよく使用されるため、一般的にイメージされるようなワッペンを想像していただければ良いでしょう。
光沢や高級感のある仕上がりをご希望であれば、エンブクロス素材がおすすめです。

2つ目は、フェルト素材です。

フェルト素材は、手芸でよく使用される素材です。
表面が起毛がかっていて、温かみのあるイメージを感じられるのが特徴的です。
触り心地もふわふわしていて気持ち良く、明るい雰囲気のワッペンに仕上げやすいです。
エンブクロスのような光沢感はないものの、フェルト独特の雰囲気を味わえるでしょう。

3つ目は、ポリエステルツイル素材です。
ポリエステルツイル素材は、織り目が斜めに入っているのが特徴的です。
「ツイル」は「綾織り」という意味を表します。

刺繍部分との干渉が少ないため、模様をはっきりと表せるのがこの素材の良さです。
他にも、なめらかな肌触りで、独特の風合いを楽しめます。
模様をはっきりさせたいのであれば、ポリエステルツイルがおすすめです。

種類別の特徴をそれぞれご紹介しました。
同じデザインでも、使用する生地によって受ける印象が変わってくるため、それぞれの生地の特徴を比較して、実現させたいデザインに合ったものを選びましょう。

 

□ワッペンの糸にはどんな種類がある?

ワッペンに使用される生地についてご紹介しましたが、ワッペンは生地だけでなく、使用する糸によっても印象が変わります。
そこで次に、ワッペンに使用される糸を5種類紹介します。

1つ目は、レーヨン糸です。

レーヨン糸は光沢感が特徴的な糸です。
柔らかい感じを演出でき、豊富な色の種類から選べます。

2つ目は、蓄光糸です。

蓄光糸は特殊加工された糸で、暗いところで光ります。
夜道を歩く際の目印になったり、クラブなどの暗い場所で映えたりと、蓄光糸ならではの良さがあります。
ワンポイントで入れてみるのもおすすめです。

3つ目は、ポリエステル糸です。

ポリエステル糸は、レーヨン糸に次いで当社でもよく使われている糸です。
石油から作られる糸で、撥水性や速乾性など機能性に優れているのが特徴です。

4つ目は、まだら糸です。

まだら糸は、一本の糸を何色にも染めている糸です。
同じデザインでも、他の糸とは大きく異なる見た目にできるでしょう。

5つ目は、ラメ糸です。

ラメ糸は、ラメのフィルムを細かく切った平糸で、キラキラと輝くのが特徴的な糸です。
キラキラ好きなお子様の持ち物などに使用すれば、きっと喜ばれるでしょう。

 

□まとめ

今回は、ワッペンの由来と、使用される生地・糸の種類について解説いたしました。
ワッペンは目印としてもファッションアイテムとしても使用できます。
オリジナルで作れば、世界に一つだけのワッペンを手に入れられます。
オリジナルワッペンにご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

 

刺繍屋、ワッペンなら大阪にある林ネーム刺繍の刺繍屋.jpへ

 

刺繍の相談窓口